数あるスープカレー屋の中で、ここに行けば間違いないというお店「GARAKU」

スープカレー GARAKU

北海道のご当地グルメで外せないのが、スープカレー。

スープカレーは、サラサラとしたスープ状のカレーに、ごろごろ大ぶりの具が特徴で、北海道発のカレーライスです。札幌市内に200店舗以上あるとも言われており、札幌のソウルフードでもあります。

数あるスープカレー屋の中で、ここに行けば間違いないというお店が「スープカレーGARAKU」。味、店内雰囲気、ブランド、人気、どれをとっても文句なしです。

地下鉄大通駅から南へ徒歩1分、とてもアクセスしやすい立地にありますが、札幌、北海道全土、道外、海外のお客様も訪れるため、行列の覚悟が必要です。大抵、地下一階から入り口まで長蛇の列をなしていて、外まで列が続いていたら1時間程待つことになります。

スープカレー GARAKU 看板

お店の看板からオシャレな雰囲気を感じますが、店内もおしゃれです。木やレンガを多用し、カレー屋だけあって、エスニックで異国風な雰囲気を醸し出しています。中央のカウンター席には観葉植物で対面席と仕切りをしています。観葉植物の中に、食虫植物のウツボカズラも見つけました。そして鹿の角で作った照明は、ひときわ異彩を放っています。北の大地で異国情緒あふれる店内では、会話が弾むこと間違いなしです。

友達どうし、おひとり様でも全く問題ありませんが、ぜひともカップルにおすすめしたいです。そして、できれば中央カウンター席に当たるといいですね。

スープカレーのメニューは、
・やわらかチキンレッグと野菜(定番)(1,200円)
・上富良野ラベンダーポークの豚しゃぶと7種きのこの森(1,290円)
・とろとろ炙り焙煎角煮(1,250円)
・やさい15品目大地の恵み(1,090円)
・ポークフランクとベーコンの炙りチーズのせ(1,290円) など

スープカレー GARAKU

写真は、定番の「やわらかチキンレッグと野菜」。
具材は、ニンジン、ジャガイモ、ブロッコリー、レンコン、パプリカ、水菜、骨付き鶏もも肉、うずら卵、カレースープにきくらげとキャベツなどが入っています。

トッピングも各種あり(有料)、辛さやライスの量も選べます(一部有料)。

食後のドリンクには自家製ラッシーをおすすめします。

GARAKUが「めざす姿・あるべき姿」は、「お客様の満足を超えらえる商品、サービス(エンターテイメント)によって感動を提供する。」とのことです。スープカレー、店舗の内装、そして接客に表れていることが感じられます。

北海道へお越しの際は、ぜひお越しください。

【住所】
札幌市中央区南2条西2丁目6-1 おくむらビルB1 北側入口
※ 車でお越しの際はお近くのコインパーキングをご利用ください。

【営業時間】
ランチ  11:30~15:30(LO15:00)
ディナー 17:00~21:00(LO20:30)
※スープなくなり次第終了

【定休日】
不定休

【公式サイト】
Soup Curry GARAKU
https://s-garaku.com

関連記事

  1. 札幌諏訪神社 花手水

    札幌諏訪神社の花手水

  2. 白い恋人パーク 生田瑚桃

    白い恋人パーク

  3. 北海道浦臼神社 エゾリス、エゾエンゴサク、カタクリ

    浦臼神社のメルヘンなエゾリス

  4. 北海道根室 花まるPASEO

    町のすし家 四季花まる PASEO店

  5. 竹野留里 よさこい yosakoiソーラン祭り

    YOSAKOIソーラン祭り

  6. 幌見峠ラベンダー園 生田瑚桃

    幌見峠ラベンダー園

  7. 北海道 百合が原公園サイロ 生田瑚桃

    札幌百合が原公園

  8. 中島公園の桜 本間楓菜

    春の中島公園

  9. 清華亭 生田瑚桃

    清華亭

豆知識

  1. 北海道 雪道

    北海道で暮らすときの豆知識

  2. 札幌の初夏に舞う綿毛の正体 ポプラの種子

  3. 札幌市電

    札幌の日の出、日の入り、昼の時間の謎

  4. 北海道登別温泉2

    温泉の種類

  5. 北海道 温泉

    温泉・入浴の効果

  1. 北海道 雪道

    北海道で暮らすときの豆知識

  2. 札幌の初夏に舞う綿毛の正体 ポプラの種子

  3. 札幌市電

    札幌の日の出、日の入り、昼の時間の謎

  4. 北海道登別温泉2

    温泉の種類

  5. 北海道 温泉

    温泉・入浴の効果

豆知識